スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本経済の変化に連れて変わっていくだろう、家族形態

どう変わるこれからの家族形態!?


不況はずうっと続くような気がします。ですから、それに対処しなければなりませんね。
夫婦両方が働くのは必然になるでしょうね。



日本に仕事はなくなる、だから、海外赴任が多くなるんでしょうね。
経済に動向を見ると行くと、まずは、中国、インド、アラブ、アフリカ、南米などのような気がします。



そうなると、今の10歳以下くらいのこどもたちが将来もつことになる「家庭の形」は、どうなるんでしょう?



たとえば、23歳で就職したら3年後には、インドに行けと言われました。
26歳で赴任して5年後の31歳までムンバイ勤務だった。
26歳の時に既に結婚を約束している人がいたとする、その人は、結婚してインドに来てくれるのかな?
その人も仕事をもっている場合は、どうするんだろ。



もしくは、26歳の時にそういう関係の人はいませんでした。
いや、いたけどムンバイにいる間に別れちゃいました。
となると、31歳で日本に帰ってきて「さあ婚活だ!」ってあわてるのでしゅか?



でも、日本には仕事はありませんからね!
また、3年後にケニアに赴任していくことになるのかも知れませんよ。



条件のいい人なら、日本にいられる3年の間に相手も見つかるかもしれませんが?
結婚して1年後に二人でケニアに行くことになりますね。



そこで子供を産んで育てるんでしょうか。
2,3年で帰ってこられるならともかく、これからの海外赴任は長くなる気がしませんか?

そうなると、共働きは、なりたちませんね




「専業主婦」以外では成り立ち得ないような気もしますね、さらにその次の39歳からの赴任地が「南アフリカだ!」とかいう話になったら・・・




「僕と僕の家族は、26歳までは日本人でした」
しかし、「今は、国籍不明の家族です」と言うような家族になるのかな・・・それとも転勤を拒否して転職する?



女性の方も海外赴任を任されるケースが増えるから余計に複雑になりますね。
企業側も今みたいに「お前、あの国に行ってくれ」みたいな辞令はもう出せなくなるのかもしれないし・・・よくわかりませんが、相当いろんな影響がありそうに思いますよ




これを、つまり親の立場から見ると、自分のこどもは、「もう日本には、ずっといない」という状態になるってことですね。



そうなると日本側の家族形態もどうなるんだろうなーと思います。


今は単身赴任夫婦や両親とも仕事があって子供がある場合、妻側の母親が子育てを手伝っているケースが多いです。
そのために妻の実家近くに家を買ったという人の話もよく聞きます。



これも・・将来は「娘の子育てを手伝うために上海に1年ほど住むことになった」とかいう母親がでてくるかもしれないですね。さすがにアフリカだと想像しにくいけど、上海くらいだったらありそうです。


夫の方はどうするんだろ。


日本に残る?




それとも「妻が娘の子育てを手伝いに上海に行くことになったんで、私もついていくことになりました」みたいになるのかな。



それとも共働き夫婦の夫が中国、妻はインドで働いているので、そのこどもは、日本にいる祖父母の家で育つ、みたいなことになるかもしれませんね。

そういう夫婦が多くなると、両親がどちらも海外に赴任しているこどものための「寄宿学校」が増えたりしませんか?



これから「日本に仕事がなくなる」というのは、いろんな意味で社会の在り方を変えていくでしょうね。
その中でも一番おもしろいのは「家族形態が大きく変わる」ことなですよね。



人気ブログランキングへ









高品質アフィリエイトサイト作成代行サービス「サイくる」
スポンサーサイト

theme : 伝えたいこと
genre : 日記

これからどうなる?日本の家族形態 (変わる家族形態つづき)




近年は、子どもがいる夫婦の離婚も珍しくなくなり、片親世帯も増えてきています。


・母子家庭

・父子家庭




籍を入れずに一緒に住んでる男女も多くなってきた。関係、性のレベルによってわけてみると

・事実婚家庭(内縁の妻、夫の関係)

・同棲(つきあってる間だけ一緒に住んでる)




「法的には夫婦だけど別居してる」という人も最近は少なくない。

双方がプロフェッショナルとして中断したくない仕事を持っており、子供がいなくて(時にはいても)
別の場所に住んでいる、というパターンも多い。

いずれかが海外という場合もあるし、1,2年ではなく10年近く別居という夫婦もいる。


・別居夫婦


ちなみに、最近の不況で、専業主婦は「昭和妻」とも呼ばれ、贅沢品であるように言われるようになった。
相当の覚悟と経済力がなければ維持できないポルシェ的存在になりつつある。




そこで増えているのが、

・共働き家族


子供がいない場合を特に

・ディンクス(夫婦のみ世帯)

と呼ばれることもある。




不況と少子化で増えてきたもうひとつの家族形態が、パラサイトシングルだ。


・大人の親子世帯=両親+成人した子供



同じ形態で、単身の子でもが親を養ってる)場合もありそうなので、それも分けておきます。


・介護世帯=高齢の親+中高年の単身の子ども




また、家族・家庭とは呼べないのかもしれないけど、友人と一緒に住む人も増えている


・単身者の共同居住(単なるルームシェアの場合も多いでしょう)


家族形態としては、これくらいでしょうか?

みなさんは、上記のどれかに当てはまりますか?



整理して書いてみるといろんな家族の形態がありますね。
家族の形態も時代に連れて変化していくものですね。




西欧人を見ていると、女性の転勤に併せて男性が仕事をやめて一緒に転居し
一時的に専業主夫をする人も多くなっています。

彼らは「単身赴任」をしないんだよね!
そんなことしたらほぼ確実に離婚になるので意味がないんでしょう。




で、これからの日本を考えると

・不況はずうっと続き、夫婦両方が働くのは必然になるでしょうね。

・日本に仕事がだんだんなくなるだろうから、海外赴任が多くなりそうですね。

・しかも、先進国の仕事じゃなくて、中国、インド、アラブ、アフリカ、南米などでの仕事が増えそうですね。



そうなると、今の10歳以下くらいの子供達が将来もつことになる「家庭の形」はどんな感じのものとなるんでしゅね。





人気ブログランキングへ
強調文






高品質アフィリエイトサイト作成代行サービス「サイくる」


theme : 伝えたいこと
genre : 日記

社会の変化に連れて、変わってきた家族の形態




家族



社会が変わってくるとそれに連れて家族の形態が変わる、これは当然のこと。
そのことは、経済状態の変化に伴っているみたい。


終戦から60余年が過ぎたが、過去、50年位の変化を見てみよう。




日本の家族の形は、まず、高度成長期をさかいに急変した。



3世代同居→両親、長男夫婦、そのこどもたち



と、言う形が多く見られていた。




高度成長が進んだころ。核家族という概念が生まれ、普及していった。
結婚したら、親と一緒にすまないという人たちが増え、女性は、企業戦士の
夫を支えた。



核家族→夫婦、こども




そして、当たり前のように、こどもが独立した後の親だけの世帯が生まれた。



高齢者のみの家庭




高度成長期が高度化すると、熾烈な企業戦士たちは「単身赴任」という苦境に
立たされることに成っていった。


ベット


単身赴任の夫→妻とこども





近年になると、単身家庭が急増し始めている。

1、その起因は、結婚しない人たち
2、離婚した人(ばつ一)
3、高齢者になってどちらかが欠けた場合



単身家庭→独身、未婚、離婚者



単身家庭→高齢者

車椅子



概念は違うけど学生の一人暮らしも単身家庭に入るのか?



世の中の移り変わりに伴って、家族形態も変化していく、社会の中の問題を多く含んで
居る家族形態について、次回は、触れて行きたい。




人気ブログランキングへ
強調文




高品質アフィリエイトサイト作成代行サービス「サイくる」

theme : 伝えたいこと
genre : 日記

プロフィール

蓮坊ノンビイ

Author:蓮坊ノンビイ
管理人のノンビイです!どうぞ、よろしく!

詳しい自己紹介は、こちらから
わたしの 自己紹介

フリーエリア
最新記事
フリーエリア
フリーエリア
カテゴリ
フリーエリア

あし@つけてください♪

xva無料SEO対策ツール
xvbショッピングモール
xvc検索エンジン登録 ASSISTANT
月別アーカイブ
フリーエリア
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ


★☆★パソコン・インターネットを楽しむ生活★☆★ イヤ、ー・ム・ス・ウ・鵑ネ、ホハ・鬢キ
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア




<



フリーエリア

フリーエリア
ヘテムレンタルサーバー


ロリポップレンタルサーバー


湘南クリニック


骨盤ダイエット



★☆★パソコン・インターネットを楽しむ生活★☆★ イヤ、ー・ム・ス・ウ・鵑ネ、ホハ�鬢キ

<
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。