スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤ちゃんと一緒の食事で気をつけること・注意すること

赤ちゃんと一緒の食事で注意が必要なこと


食べ物での窒息に注意しましょう。


小さいこどもが喉に詰まらせてしまうものには、小さいおもちゃや部品、キャップなどがありますが、食べ物を喉に詰まらせることも少なくありません。



特に、離乳食期を過ぎて、大人と同じようなものが食べられるようになると

「もう、チャンと噛めるから」

と安心しがちですが、プチトマトやお団子、おもち、ゼリーなどを喉に詰まらせてしまうことがあります。





のどに詰まってしまって呼吸が苦しそうな場合は、救急車を待っている時間はありません。

急いで詰まった物を取り除きます。



小さなこどもの場合はうつぶせにして、頭を低くし、手の平で背中の真ん中を叩き吐き出させます。

総じきな出ですいとるのも有効とされています。


3歳くらいまでの時期は、食べ物は小さめに切って与えたり、大人がいしょに食べて見守ることが大切です。




大人の食事を欲しがる場合


離乳食が順調に進んで、食欲旺盛な赤ちゃん!離乳食を食べ終わって満足していたのに、大人の食事の時間になると、また、食べたがると食事の量が足りていないのかと心配になりますね。




でも、一旦満足している様子なら、食べたりないのではなく、大人が食べている様子を見て、また、一緒に食べたくなったのでしょう。



離乳食が1~2回の時には、大人の食事時間とはずらして、赤ちゃんにゆっくり食べさせることも多いのですが、3回食になったら少しずつ大人と一緒の時間に食べさせるようにするといいですね。

可能ならお父さんに手伝ってもらいましょう。




赤ちゃんも家族一緒の食卓の楽しさがきっとわかるはずです。


塩分の多いもの辛いものなどは、赤ちゃんから遠ざけたり、しばらくは食卓に出さないなでの工夫をして、赤ちゃんとの食事を楽しみましょう。




お母さんとこどもの使いやすい高機能食器。離乳期の赤ちゃんの食事を「お母さんが使いやすい」...

ミキハウス テーブルウェアセット 【送料無料】【smtb-TD】【saitama】
スポンサーサイト

子どもの「食」についての考え方

子どもの食事情の考え方


「おやつは、いつからあげたらいい?」


離乳食が始まって赤ちゃんがよく食べるようになると、おやつはいつごろからあげたらいいのかなと迷うママも多いですね。




おやつは、主食を補う意味合いが強いので、離乳食期間、1歳近くになるまでは基本的には必要ありません。
でも、1歳近くになると、大人がおやつを食べているところを見て、赤ちゃんもおやつを食べたがるでしょう。



赤ちゃんが喜ぶからと言って欲しがるだけ与えるのはダメです。
塩分やカロリーを取りすぎると食事を食べなくなってしまいますから、1日1回だけ、量を決めて与えましょう。



ベビー用に作られた市販のおやつは、塩分やカロリーが控えめで安心して与えられるものが多いようです。
おやつを手つくりする場合は、糖分やカロリーを抑えましょう。

おやつと一緒に与える飲み物は、カロリー0の麦茶がおすすめです。



「食育って、何ですか?」


最近良く聞きますが「食育」ってどういうことなのでしょう。
平成17年に成立した食育基本法では「こどもたちが豊かな人間性をはぐくみ、生きる力を身に付けていくためには、何よりも食が重要である」とうたわれています。



食べると言うことは、生きていくために欠かせないこと。
偏りなく食べることが身体を成長させ身体のバランスを整えます。
美味しく、家族と食事をとることで心の栄養にもなり、食事のしつけの場面にもなります。さまざまな面から「食」によって育つという重要性が叫ばれています。





朝食を食べない、偏食、孤食など、最近、食に関するさまざまな問題が指摘されています。


毎日、3食を食べる親子で食卓を囲み子どもの表情を見て会話をしながら食べること、そんな当たり前のことから、見直してみませんか?




明治おやつBOX 野菜ん棒 ほうれん草・にんじんビスケット (6本×2袋) [8ヶ月頃から]

赤ちゃんのおやつ!和光堂のおやつ やきいもクッキー 2本×6袋 9ヶ月頃から【和光堂】 【49872...

こどもの食事事情

こどもの食事の楽しい食べ方を考えてみました!

>


「いろんなものをおいしく食べてほしい」

「食べることに興味を持ってくれるには?」

「食べる楽しさを教えてあげたい」


「食事を楽しく」に関するおすすめの日記や絵本をご紹介します。


周りのママ・パパたちの声を参考に、ご家庭にぴったりの絵本を楽しんでください。



先日、『しろくまちゃんのほっとけーき』の本を借りてきました。



この本を読む度に
『今度、ホットケーキ作ろうね!』
と息子と約束していました。



のびのび~になっていた約束でした。


材料を一緒に買いに行ってホットケーキ作りに挑戦です。


材料をボールに入れて一緒にまぜまぜ♪ 


よだれを垂らしながら真剣にまぜまぜする息子!



台所へ椅子を持ってきてプライパンで焼くホットケーキを見ながら


『どろどろ~ってやるの~(やりたい)』と、言うのです。



さすがに危ないのでやらせませんでしたが



、焼き上がったホットケーキを食べて

『おいしいね(^0^)』

と大満足のようでした。


食べ終わったお皿もちゃんとお片付けしてくれました。
また一緒に作ろうね♪



「くだもの」は名前を覚えたり、バナナの皮を自分で剥けたり、
色を覚えたり、今は数を数えたり、「どうぞ、あ~ん」と
食べるまねをしたりして多彩に活用できますよ。


3歳の男の子ですが小さい頃から見ている絵本です。


プロフィール

蓮坊ノンビイ

Author:蓮坊ノンビイ
管理人のノンビイです!どうぞ、よろしく!

詳しい自己紹介は、こちらから
わたしの 自己紹介

フリーエリア
最新記事
フリーエリア
フリーエリア
カテゴリ
フリーエリア

あし@つけてください♪

xva無料SEO対策ツール
xvbショッピングモール
xvc検索エンジン登録 ASSISTANT
月別アーカイブ
フリーエリア
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ


★☆★パソコン・インターネットを楽しむ生活★☆★ イヤ、ー・ム・ス・ウ・鵑ネ、ホハ・鬢キ
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア




<



フリーエリア

フリーエリア
ヘテムレンタルサーバー


ロリポップレンタルサーバー


湘南クリニック


骨盤ダイエット



★☆★パソコン・インターネットを楽しむ生活★☆★ イヤ、ー・ム・ス・ウ・鵑ネ、ホハ�鬢キ

<
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。