スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こどもの病気とお医者さん

小児科で正しい診断をしてもらうコツ


こどもを小児科へ連れって行って正しい診断をしてもらえなっ買った経験はありませんでしたか?
ママやパパが「ちょっと、様子を見ておきましょう」とか「検査しても分からないしね」とかと言う言葉を聞いた方も多いかもしれません。




病気のこどもを連れて病院まで行ったのであれば、正しい診断を貰いたいと思う気持ちは誰でも一緒です。
ここでは「小児科医から正しい診断をしてもらうコツ」として「先生に何を話すとよいか?」を考えて見ましょう。


★症状と時間を把握しておく



病院で受診すると、必ず、問診があります。
紙ベースであったり、口頭であったりとそのスタイルはさまざまですが、聞かれないことはありません。
その際に大切なことは「症状」と「時間」です。


「いつ、どんな症状だったのか?」という情報は、小児科医にとって大きなポイントです。
もちろん、その場で喉をにたり、胸の音を聞いたり、顔色を見たりすくことが最も大切です。
しかし、こどもの病気はほとんどは感染症で、時間がたつにつれてその状態はどんどん変化していきます。

現在の様子だけでなく、時間系列んで過去から現在までの商法が見えることは、診断をする上で大切な材料になるのです。


★事実のみをしっかり伝える


こどもが病気の時に気持ちが不安定になるのは、親として当然ののとです。
前日の夜からほとんど寝ずに朝一番で病院を受診したり、仕事を抜け出して病院に駆けつけたりした経験がある方もいることでしょう。

そんなとき、ついつい自分の「思い」まで言ってしまうことがあります。




例えば「昨日は、ほとんど寝ていないようなきがして・・」とか「朝は、それほど熱がないと思ったのですが・・」など、事実と主観が混ざって伝えていることがあるのです。


しかし、それは「情報」としては不十分です。

「何時にどんな症状たったから眠れなかったのか?」や「朝の熱は何度だったのか?」など、より具体的な事実が情報としては大切な要素なのです。

もちろん、親として大変な気持ちはお医者さんも分かっているので、暖かい受け答えをしてくれるとは思います。


★家族の様子も伝える


こどもの病気のほとんどは感染症です。
感染症は人に感染します。
同じ家の中で暮らしている家族が掛かっている可能性は十分に考えられます。

同じ感染症でも大人は症状が軽くて済むことがあります。



特に一緒にいる時間が長いママさんなどは、その可能性が高いでしょう。


例えば、アデノウイルスの場合、大人はちょっと目やにが
ただ、それに甘えず、親として正しく伝える努力は必要だと思います。

また、RSウイルスであれば、大人は鼻風邪程度でも、0歳児は入院する場合があるのです。
もし、家族に同じような症状があれば、それを伝えることで正しい診断がつくかもしれません。


このように「時間」「家族あ」意識してこどもの病気を伝えると医師の正しい診断につながり、結果としてこどもを守ることになるのです。
こどもが病気の時、「そんなに冷静に出来ないよ}と言う人は「時間」と「事実」の簡単なメモ書を残しておくと、受診の歳に役立ちます。





【送料無料】保護者に伝えたいこどもの病気・検査のポイント
【文庫サイズの健康と医学の本】プロポリスの薬効
【送料無料】子供の急な発熱、熱中対策等に!小児科医が開発した熱冷まし。首・わき・股の3点を...
スポンサーサイト
プロフィール

蓮坊ノンビイ

Author:蓮坊ノンビイ
管理人のノンビイです!どうぞ、よろしく!

詳しい自己紹介は、こちらから
わたしの 自己紹介

フリーエリア
最新記事
フリーエリア
フリーエリア
カテゴリ
フリーエリア

あし@つけてください♪

xva無料SEO対策ツール
xvbショッピングモール
xvc検索エンジン登録 ASSISTANT
月別アーカイブ
フリーエリア
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ


★☆★パソコン・インターネットを楽しむ生活★☆★ イヤ、ー・ム・ス・ウ・鵑ネ、ホハ・鬢キ
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア




<



フリーエリア

フリーエリア
ヘテムレンタルサーバー


ロリポップレンタルサーバー


湘南クリニック


骨盤ダイエット



★☆★パソコン・インターネットを楽しむ生活★☆★ イヤ、ー・ム・ス・ウ・鵑ネ、ホハ�鬢キ

<
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。