スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おばあちゃんはと一緒に読みたい「ものがたり」

おばあちゃんはと一緒に読みたい「ものがたり」



困ったことがあったとき、あなたは、どうしますか?

まず、おばあちゃんに頼んでみましょう。

賢い人は、困る前におばあちゃんに頼りましょう。


○ 矢の白鳥ポー



心無い人の打った矢を射られ、きずついてしまった白鳥ポー

そんな「ポー」をやさしく見守り育てるひとりの老人がいました。

その老人にとって寿司屋の息子「少年ケイ」は、唯一、こころを通いあわすことができる友だちだったのです。


矢の白鳥ポー





著者紹介


手島悠介 1935年、台湾高雄市生まれ。
「かぎばあさんシリーズ」(岩崎書店)で、第14回日本児童文芸家協会賞
『日本のみなさんやさしさをありがとう』(講談社)で、第48回産経児童出版文化賞を受賞。
創作童話、ノンフィクションと幅広い分野で活躍している。

スポンサーサイト

こどもと言葉:「ありがとう」と「あぶないよ!」

◇「ありがとう」と言う言葉


ありがとうの言葉は、どのように子どもに教えたらいいのでしょうか?


言葉がなだ出ないうちは見ようみまねで親が頭を下げるところを見せて真似させたり、促すようにして頭を下げさせましょう。





まだ、言葉を話せなくとも、親が「ありがとう」と一緒に言ってあげるといいですね。



繰り返しているうちにだんだんと言葉が言えるようになってきます。

言葉がわかるようになったら、気持ちを表す言葉を添えるいいですね。

「おもちゃ貸してもらってうれしかったね」

「順番を代わってくれて○○ちゃんやさしね」

などと言ってあげましょう。



ありがとうの言葉をいえるようになるには、日常一緒に過ごしている家族の間のやりとりもとても大切です。

家族だから当たり前と思わずに、まずは、お父さんとお母さんの間で、ありがとうの言葉を使うことを心がけたい
ですね。



◇危ないことを伝えるとき


危ないこと、してはいけないことなどを伝えるときに


「危ない!」


「やめださい!」


などと、言葉だけで言ってはいませんか?





ある程度大きくなってからなら、言葉で伝えればわかりますが、言葉を理解できる未就学児くらいでも、言葉だ出ではなかなか実感そして捉えにくいものです。


車道に寄って歩いているときには「危ない」と言葉で言うよりも手を引いて「危ないから、道の端っこをあるこうね」というと、道の辺りを歩けばいいのが身体で実感できます。


触れると危ないけれど、興味を持っているものなら「触っちゃダメ」と言葉だけかけるのではなく「おもしろいね~!でも、手を出すと危ないから、ここから見ようね」と声をかけましょう。



そうすれば、子どもの好奇心も満たされますし、安全に見学できる位置も体感できます。


プロフィール

蓮坊ノンビイ

Author:蓮坊ノンビイ
管理人のノンビイです!どうぞ、よろしく!

詳しい自己紹介は、こちらから
わたしの 自己紹介

フリーエリア
最新記事
フリーエリア
フリーエリア
カテゴリ
フリーエリア

あし@つけてください♪

xva無料SEO対策ツール
xvbショッピングモール
xvc検索エンジン登録 ASSISTANT
月別アーカイブ
フリーエリア
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ


★☆★パソコン・インターネットを楽しむ生活★☆★ イヤ、ー・ム・ス・ウ・鵑ネ、ホハ・鬢キ
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア




<



フリーエリア

フリーエリア
ヘテムレンタルサーバー


ロリポップレンタルサーバー


湘南クリニック


骨盤ダイエット



★☆★パソコン・インターネットを楽しむ生活★☆★ イヤ、ー・ム・ス・ウ・鵑ネ、ホハ�鬢キ

<
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。