スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲゲゲの鬼太郎 第3話 夜叉

ゲゲゲの鬼太郎 第3話 夜叉


妖怪は、日本で伝承される民間信仰において、人間の理解を超える奇怪で異常な現象やそれらを起こす不思議な力を持って非日常的な存在のことだとm言われています。

妖怪の妖は(あやかし)怪は、物の怪(もののけ)魔物とも呼ばれているものです。


例を上げて見ますと、古くからの言い伝えに出てくる


「河童、天狗、座敷童子、ダイダラボッチ(巨人伸)、寄り神(漂流神)蜃気楼とも言う。

 八岐大蛇、雷、霊魂、夜叉、鬼神、悪霊、怨霊、狐憑きなど」

 などですね。


ゲゲゲの鬼太郎のお話は、そのような民間伝承に登場する不思議な力を持ったものたちが現実の社会と交流するような仕組みで描かれています。


以前に第1話、第2話のレビューを書きましたので、今日は、第3話のあらすじを辿ってみました。




ゲゲゲの鬼太郎 第3話 夜叉


1ケ月の間に10人の原因不明の怪病で倒れ魂を抜かれた状態になりました。

ネコ娘は、自分がアリバイとしている店の常連さんがその病気で倒れたので見舞いに行きました。

その病人の匂いをかいだところ妖怪の匂いがしたので鬼太郎に知らせました。


その妖怪は、むかし、倒したはずの夜叉でした。

夜叉は嫉妬や憎しみなどの醜い人の心から生まれた鬼とも言われていました。



ねずみ男が調べたところによると被害者の共通点は、天才美少女バイオリンニスト月野佐代子のファンだと居ることです。
スポンサーサイト
プロフィール

蓮坊ノンビイ

Author:蓮坊ノンビイ
管理人のノンビイです!どうぞ、よろしく!

詳しい自己紹介は、こちらから
わたしの 自己紹介

フリーエリア
最新記事
フリーエリア
フリーエリア
カテゴリ
フリーエリア

あし@つけてください♪

xva無料SEO対策ツール
xvbショッピングモール
xvc検索エンジン登録 ASSISTANT
月別アーカイブ
フリーエリア
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ


★☆★パソコン・インターネットを楽しむ生活★☆★ イヤ、ー・ム・ス・ウ・鵑ネ、ホハ・鬢キ
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア




<



フリーエリア

フリーエリア
ヘテムレンタルサーバー


ロリポップレンタルサーバー


湘南クリニック


骨盤ダイエット



★☆★パソコン・インターネットを楽しむ生活★☆★ イヤ、ー・ム・ス・ウ・鵑ネ、ホハ�鬢キ

<
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。