スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ステップ! ステップ! ステップ!』学校教育に社交ダンス!?

子どもたちの奮闘と成長を追った真実のドラマ



映画は時代を映し出す鏡といいますが
時々の社会問題や教育問題がリアルに描かれた映画を観ると、思わず考え込み
共感し、胸を打たれてしまいます。

ステップスッテップ1


今回は、ニュヨークの小学5年生たちが社交ダンスに挑む姿を追ったドキュメンタリー
『ステップ! ステップ! ステップ!』の紹介です。



「ストーリー」


今から10年前、ニューヨークの公立小学校に導入された児童育成プログラム「ダンシング・クラスルーム」


現在、60以上の学校で小学5年生を対象に10週間、各1時間×20回という
社交ダンスのレッスンが義務づけられています。




子どもたちは初めてのステップに戸惑いながらも、履修後に開催される
ダンスコンテストの優勝を目指し日々レッスンに励んでいます。




そんな彼らに愛情を注ぐ教師たちも次第にヒートアップ!
そしてついにコンテストの幕が開きます。




約10年前、ニューヨークの公立小学校では5年生の情操教育の一環として
社交ダンスのプログラムが導入され、今では60以上の学校がその10週間の
コースを取り入れているそうです。

ステップスッテップ2

履修後には毎年コンテストが開催され、子どもたちはたった一つの勝利を目指して
レッスンに励みます。




本作はその様子を参加校のうち数校に視点を置いて追ったドキュメンタリー
といっても、退屈で堅苦しい内容ではなく、ワクワク、ドキドキと最高に
楽しめる作品に仕上がっています。



その面白みの一つが登場する学校のカラーではないでしょうか?


それぞれ地域や人種、先生のキャラクターなどによって豊かな個性を放っています。



そもそも大都会ニューヨークには、社会的にも経済的にも
複雑で困難な環境に育つ子どもが多いのですが、中でも第115校のある
ワシントンハイツ地区は犯罪多発地域です。



ドミニカ系移民が大半を占め、貧困家庭の割合が97%、片親の家庭も多数です。

半面、人々は自分たちの文化に対する愛情が深く、同校の教師・ヨマイラ先生(女性)も
「ダンスコンテストでドミニカ人の意地を見せてやる」と言ったド根性と誇りの高さが
持ち味です。




何しろ、同校は昨年金賞を受賞したため

「今年こそ優勝、絶対勝つ!」

と先生の鼻息も荒いのです練習はかなり厳しく、子どもたちはバテバテになりながら必死になってついていきます。




かなりのスパルタ指導といえますが、先生のゴッドマザー的な魅力と
「必ず勝つ!」という目標意識の高さ、そして勝つための方法論がその熱血指導に表れ
的確に子どもたちを勝利へと導いていくのです。



観ていて、思わずガッツポーズ! 


先生のファイティング・スピリッツがチーム全体の牽引力となり
全員が心一つにして突き進んでいった結果といえるでしょう。

 

人気ブログランキングへ








消臭対策で笑顔生活

FX自分でできるfx教室




 






スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

蓮坊ノンビイ

Author:蓮坊ノンビイ
管理人のノンビイです!どうぞ、よろしく!

詳しい自己紹介は、こちらから
わたしの 自己紹介

フリーエリア
最新記事
フリーエリア
フリーエリア
カテゴリ
フリーエリア

あし@つけてください♪

xva無料SEO対策ツール
xvbショッピングモール
xvc検索エンジン登録 ASSISTANT
月別アーカイブ
フリーエリア
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ


★☆★パソコン・インターネットを楽しむ生活★☆★ イヤ、ー・ム・ス・ウ・鵑ネ、ホハ・鬢キ
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア




<



フリーエリア

フリーエリア
ヘテムレンタルサーバー


ロリポップレンタルサーバー


湘南クリニック


骨盤ダイエット



★☆★パソコン・インターネットを楽しむ生活★☆★ イヤ、ー・ム・ス・ウ・鵑ネ、ホハ�鬢キ

<
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。