スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

?保育園での教育のメリットとデメリット

【早期教育のメリットに付いてどう考えたらよいのでしょうか?】 


新学期を向かえて親たちもこどものことを真剣に考える
時期がやってきました。


illust4029thumb.gif


幼児教育のことに付いて(保育園)考えてみました。
保育園での教育は、学校の教育の前段階であり
日常の生活習慣をみにつけることにあるのではないでしょうか



このことをもう少し深く見つめてみましょう。 

(1)ほかの子より早く知識を身に付けられる。   
  

  ・保育園も働くお母さんの都合で赤ちゃんから預ける場合が
   あります。このときは、成長にすくした専門知識のある指導者に
   よって計画的に保育してもらうことができます。


  ・3年保育からならば、早い段階から成長過程にあわせた計画的な
   保育が望めますので、ほかのこどもより早く知識を身につけること
   ができるでしょう。



(2)ほかの子より技能が上手になる。
  

  ・同年齢の多くのこどもたちの中で折り紙やお絵かきをしますので
   友だちのよい所を学ぶことができます。


(3)自信や積極性が生まれる。
  

  ・たくさんの友だちとかかわることにより、人と人とのかかわり方を
   自然に身につけることができ、自信に繋がっていきます。

(4)発達の早い子には向いていることが多い。
   
  ・いろいろなことに興味や関心を示す、発達段階の早いこどもに向いています。


(5)スポーツや芸術など、特殊な才能を伸ばすことができる。(英才教育)
  
  ・体操やスケートなどのスポーツ、音楽や絵画、書道などの芸術の才能を
   はやく見つけることができます。


よろしくお願いします!
人気ブログランキングへ



【早期教育のデメリットは、どんなことがあるのですか?】

こども1


(1)遊ぶ時間が減ってしまいます。(2)生活に余裕がなくなるようなきがします。

(3)早期の習い事が子どもの心理的な重圧になることがある多いです。

(4)発達の遅い子は付いていくのが困難で不向きであることが多いです。



ここで問題になるのは、「子どもは、遊びを通してのびのびと育てるべきである。」
という「建前」と「自分の子どもには少しでも早く勉強させたい。」という
親の「本音」の間で揺れ動く親心ではないでしょうか。



この問題は、早期教育のメリット・デメリットを考慮に入れた上で
「自分の子どもをどのように育てたいのか?」という、
家庭の「子育ての方針」が最終的な拠り所になるのだと思います。





人気ブログランキングへ








消臭対策で笑顔生活

FX自分でできるfx教室




スポンサーサイト

theme : 伝えたいこと
genre : 日記

コメントの投稿

Secret

プロフィール

蓮坊ノンビイ

Author:蓮坊ノンビイ
管理人のノンビイです!どうぞ、よろしく!

詳しい自己紹介は、こちらから
わたしの 自己紹介

フリーエリア
最新記事
フリーエリア
フリーエリア
カテゴリ
フリーエリア

あし@つけてください♪

xva無料SEO対策ツール
xvbショッピングモール
xvc検索エンジン登録 ASSISTANT
月別アーカイブ
フリーエリア
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ


★☆★パソコン・インターネットを楽しむ生活★☆★ イヤ、ー・ム・ス・ウ・鵑ネ、ホハ・鬢キ
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア




<



フリーエリア

フリーエリア
ヘテムレンタルサーバー


ロリポップレンタルサーバー


湘南クリニック


骨盤ダイエット



★☆★パソコン・インターネットを楽しむ生活★☆★ イヤ、ー・ム・ス・ウ・鵑ネ、ホハ�鬢キ

<
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。