スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(2) お子さんの将来に向けて教育資金の準備を

◇こどもが成人するまでの教育資金にはいくらかかるでしょうか?


教育資金が、どのくらい必要なのかをきちんと知っていることで
「いつまでに、いくら準備する」という計画も立てやすくなります。






すべて公立の場合で約790万円、私立の場合は約1900万円かかることになり、かなりの金額になりますね。
でも、これは一度に必要になるわけではなく幼稚園から大学卒業までの約18年間にわたって支払うものです。



高校までは家計費の中からまかない、まとまってかかる大学費用を中心にこれから貯めていくことを目標にしましょう。


教育費の特徴は「大学生になるのは何年後」と必要な時期がわかることです。早く準備をスタートすれば、毎月の積立額もそれだけ少なくてすみ家計への負担も小さくなります。



また、期間が長ければ運用して殖やすなど金融商品の選択肢も増えてくるので
今からコツコツ貯めていきましょう。
家族が増えて、まだ新しい支出のペースがつかめていないという人もいるかもしれませんね。



妊娠・出産までに働いていた方も産休や退職で家計収入も減少していることとおもいます。



まずは、家計の状況を洗い直して、お金をかけるものかけないものを明確にしていきましょう。


無駄遣いをしていないつもりでも200円、300円といった何気なく使っているお金は意外と多いものです。


この小さな支出を見直して、1日500円を毎日貯めていくだけでも1ヶ月で1万5000円になり、1年で18万円、10年で180万円にもなります。


再就職してから貯蓄しようという人もいるかもしれませんが収入が増えると支出も増えていく傾向があるので今の収入の範囲で上手に使い、貯める習慣を身につけておくことが大切です。


そうすれば、収入が増えてから貯蓄のペースを上げていくことも無理なくできるようになるでしょう。





保険料節約の秘訣、教えます。無料保険相談の【保険のgift】




スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

蓮坊ノンビイ

Author:蓮坊ノンビイ
管理人のノンビイです!どうぞ、よろしく!

詳しい自己紹介は、こちらから
わたしの 自己紹介

フリーエリア
最新記事
フリーエリア
フリーエリア
カテゴリ
フリーエリア

あし@つけてください♪

xva無料SEO対策ツール
xvbショッピングモール
xvc検索エンジン登録 ASSISTANT
月別アーカイブ
フリーエリア
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ


★☆★パソコン・インターネットを楽しむ生活★☆★ イヤ、ー・ム・ス・ウ・鵑ネ、ホハ・鬢キ
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア




<



フリーエリア

フリーエリア
ヘテムレンタルサーバー


ロリポップレンタルサーバー


湘南クリニック


骨盤ダイエット



★☆★パソコン・インターネットを楽しむ生活★☆★ イヤ、ー・ム・ス・ウ・鵑ネ、ホハ�鬢キ

<
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。