スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ママが、こどもを叱るときに注意すること

叱ること・怒ること:こどもを叱るときの5つのポイント



幼いこどもを叱るとき、注意しなければならないことがあります。

そのことについて、今日は、考ええ見ましょう。

上手な叱り方んのポイントは5つあります。




【1】その場・そのときに叱りましょう。




幼いこどもは、関心がつぎつぎに移っていきます。
いつまでも、ひとつのことにかかわても居ません。
それに、今、あった事を長く覚えていません。


すぐ、忘れてしまいます。
ですから、その場、その時をはずさないように叱りましょう。



例えば、お客さんの前では、ママは叱らないということを良く知っています。
それで、ワザと「つまみ食い」をしたりします。

そんなときは、「いけませんよ!」と軽く言って後でしっかり、叱ることが大事です。




【2】具体的に叱ることです。


幼児は、抽象的ことは理解できません。
「言われたことは、一生懸命やるんですよ」
と、ママが言ったとします。



こどもは、一生懸命の意味が分からないで困った顔をします。

そんなときは、「あなたは、積み木をしながらお菓子を食べたでしょう。
遊びながら食べるのはやめなさい」と言ってあげれば分かりますね!



【3】親でも言ってはいけない言葉


親子だから、思ったままを言っても良いでしょう!
と、言うことを良く効きます。


こどものとき親に言われた言葉は成人してからも恐怖となって残っていることがあります。
例えば「ばか」「いくじなし」などです。

このようなマイナス評価を表す言葉は、「どうせ、僕はだめなんだ!」
と思い込んでしまいます。



「あんたなんか嫌い!」「そんな人は、うちの子ではないわ」などです。
このような言葉を繰り返し聴いていると親を好きになれず
人に心を開かない人になってしまいます。




【4】親の都合で怒ってはいませんか



前にも書いたように「叱る」と「怒る」とは違います。


こどもが高価な花瓶を壊してしまいました。

さて、あなたは、どうしますか?

「出て行って」

「家にいれないから」

とか腹立ち紛れに言っていませんか?
あなたの怒った気持ちがそのまま現れていますね。


こどものためにどのようにしてあげたら良いのか
親は考えなければなりませんね。


【5】叱った後は、どうしますか?


叱ったあとは、どのようにすればよかったのっか?
同じ事を繰り返さない方法などを励ましながら教えてあげることが大切です。

「おかあさん、もう、いたずらしないからね}
「おかあさん、だっこして!」


などは、おかあさんを困らせたお詫びの気持ち、おかあさんと仲直りしたい気持ちを
精一杯あらわそうと頑張っていることの表れです。



むげに断らず、子供を抱っこしてあげましょう。
仲直りした実感を味わいましょう。


 












スポンサーサイト

theme : 二人の成長&育児
genre : 育児

コメントの投稿

Secret

プロフィール

蓮坊ノンビイ

Author:蓮坊ノンビイ
管理人のノンビイです!どうぞ、よろしく!

詳しい自己紹介は、こちらから
わたしの 自己紹介

フリーエリア
最新記事
フリーエリア
フリーエリア
カテゴリ
フリーエリア

あし@つけてください♪

xva無料SEO対策ツール
xvbショッピングモール
xvc検索エンジン登録 ASSISTANT
月別アーカイブ
フリーエリア
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ


★☆★パソコン・インターネットを楽しむ生活★☆★ イヤ、ー・ム・ス・ウ・鵑ネ、ホハ・鬢キ
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア




<



フリーエリア

フリーエリア
ヘテムレンタルサーバー


ロリポップレンタルサーバー


湘南クリニック


骨盤ダイエット



★☆★パソコン・インターネットを楽しむ生活★☆★ イヤ、ー・ム・ス・ウ・鵑ネ、ホハ�鬢キ

<
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。