スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年度NHK大河『八重の桜』主演に綾瀬はるか「日本中を元気に」 脚本は『ゲゲゲ』の山本むつみ氏

オリコン 6月22日(水)16時32分配信

拡大写真
2013年度NHK大河ドラマ『八重の桜』に主演する綾瀬はるか (C)ORICON DD inc.

 NHKは22日、2013年度大河ドラマが『八重の桜』に決まり、主演に女優・綾瀬はるかを起用したと発表した。脚本は『ゲゲゲの女房』の山本むつみが担当。会津藩の生まれで、戊辰戦争では自ら銃をとって戦ったとの逸話から“幕末のジャンヌダルク”とも呼ばれ、やがて“日本初の篤志看護婦”として日清戦争、日露戦争に同行した“日本のナイチンゲール”新島八重の生涯を描く。綾瀬は同日行われた会見で「心が温まるような、日本中が元気になるような作品を届けたい。たいへんだと思いますが、成長できるんだろうなって思ってます」と初の大河出演に向け熱く意気込んだ。

綾瀬はるかも名優の仲間入り 歴代のNHK大河ドラマ&主演俳優一覧

「東北・福島に根付く不屈のプライド」を再び――NHKが看板ドラマで震災復興への道を歩む日本を盛りたてる。】

引用 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110622-00000321-oric-ent


感想
NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」などを手がけた山本むつみさんの脚本で、2013年のNHKドラマ「八重の桜」と決まったそうです。

戊辰戦争の時に会津・鶴ヶ城籠城戦で自らも銃を手に奮戦し、後に同志社大学の創設者となった新島襄と結婚した女性である「八重の生涯」を描いていくようです。

鶴が城の天守閣は、新しくなっていますが、修学旅行の際には詳しく経緯が語り継がれ子どもたちの身にしみています。

この時期に、福島を取り上げた大河ドラマが出来ることは、NHKが東日本大震災プロジェクトを進めていることもあり、被災地・福島県を舞台になることでこの震災について客観的に考えてもらうことが出来るのではないかと期待しています。


子育て支援の歴史「この家族の物語」
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

蓮坊ノンビイ

Author:蓮坊ノンビイ
管理人のノンビイです!どうぞ、よろしく!

詳しい自己紹介は、こちらから
わたしの 自己紹介

フリーエリア
最新記事
フリーエリア
フリーエリア
カテゴリ
フリーエリア

あし@つけてください♪

xva無料SEO対策ツール
xvbショッピングモール
xvc検索エンジン登録 ASSISTANT
月別アーカイブ
フリーエリア
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ


★☆★パソコン・インターネットを楽しむ生活★☆★ イヤ、ー・ム・ス・ウ・鵑ネ、ホハ・鬢キ
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア




<



フリーエリア

フリーエリア
ヘテムレンタルサーバー


ロリポップレンタルサーバー


湘南クリニック


骨盤ダイエット



★☆★パソコン・インターネットを楽しむ生活★☆★ イヤ、ー・ム・ス・ウ・鵑ネ、ホハ�鬢キ

<
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。