スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋田の竿灯を見てみたい!

「秋田の竿灯」


7月に仙台市役所前広場から定禅寺通りで行われた東北六魂祭を見た。

あの時、定禅寺通りは、たくさんの人の人出でにぎわっていた。

凄い人ごみで、「ねぶた」も「さんさ踊り」の行列も、「花笠音頭」のかさ振りも見えなくて、背伸びをしたときたくさんの提燈が目に入った。


秋田竿灯
この画像の所有は秋田竿灯まつりです

「あの提燈を立てるんだって?」

竹ざおに飾られたたくさんの提燈を背中や肩の上に乗せるんだって!

それは、凄いことだと思った。



しかし、人が多すぎて危険なので今日は中止すると言うことだった。

「ざんねんだ・・・」

この祭りを本場で見たいものだ。



あの不思議な提燈の群れの由来を調べてみた。

竹の竿のうえに提燈がいっぱいついいる、あの祭りのことが気になって仕方がなかったのだ。



秋田では、江戸時代に竿灯祭りの、原型が出来上がったといわれている。

真夏の病魔や邪気を払う行事として秋田地方では、祭りの形をとって残ったといわれている。

現在残っているもっとも古い文献、1786年に出来た紀行文「雪の降る道」で紹介されている。



秋田独自の風俗として伝えられている竿灯。

長い竿を十文字に構え、それに灯火を数多く付けて、太鼓を打ちながら町を練り歩くものだ。



もともと藩政以前から秋田市周辺に伝えられていた「ねぶり流し」と言う行事が元になって継承された。

笹竹や合歓木に願い事を書いた短冊を飾り町を練り歩き、最後に川に流す行事だったそうだ。

それが蝋燭の普及、お盆に門前に掲げられた高灯篭などと組み合わされて今のような行事に発展したものといわれている。


東北の祭りは、ほとんど見たが竿灯だけは、まだ、見る機会を得ていない。




スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

蓮坊ノンビイ

Author:蓮坊ノンビイ
管理人のノンビイです!どうぞ、よろしく!

詳しい自己紹介は、こちらから
わたしの 自己紹介

フリーエリア
最新記事
フリーエリア
フリーエリア
カテゴリ
フリーエリア

あし@つけてください♪

xva無料SEO対策ツール
xvbショッピングモール
xvc検索エンジン登録 ASSISTANT
月別アーカイブ
フリーエリア
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ


★☆★パソコン・インターネットを楽しむ生活★☆★ イヤ、ー・ム・ス・ウ・鵑ネ、ホハ・鬢キ
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア




<



フリーエリア

フリーエリア
ヘテムレンタルサーバー


ロリポップレンタルサーバー


湘南クリニック


骨盤ダイエット



★☆★パソコン・インターネットを楽しむ生活★☆★ イヤ、ー・ム・ス・ウ・鵑ネ、ホハ�鬢キ

<
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。