スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祖先の霊を祭る「お盆」の行事や風習

先祖の麗を祭る「お盆」


お盆は祖先の霊を祀る一連の行事で旧暦、の7月15日を中心に日本で行なわれる一般に仏教の行事のです。

仏教の教義で説明できない部分も多く、古神道における先祖供養の儀式や神事を江戸幕府が庶民に強いた檀家制度により仏教式で行うが習週が合体して現在の形が出来たと言われています。

提燈


仏教用語の「盂蘭盆」の省略形として「盆」と呼ばれるようになりました。

お 盆とは文字どおり、本来は霊に対する供物を置く容器を意味しています。

供物を供え祀られる精霊の呼称となりました。

精霊 馬 牛


盆の起源は分かっていないのですが、1年に2度、初春と初秋の満月の日に祖先の霊が子孫のもとを訪れて交流する行事があったことからこう呼ばれるようになりました。


「盆暮れ(ぼんくれ)」など、時季を指す言葉としての使用や、「盆と正月が一緒に来たよう」という"とても忙しいこと"または"喜ばしいことが重なること"のたとえとしての使つかわれています。

迎え火.


盆の概念は日本全国に広まっているため、その行事の内容や風習は地方それぞれにさまざまな様式がありますが、必ずしも、定まったものではありません。

全国に比較的広まっている風習として次の様なものがあります。



釜蓋朔日

1日を釜蓋朔日(かまぶたついたち)といい、地獄の釜の蓋が開く日であり一般的に7月1日からお盆です。

この日を境に墓参などして、ご先祖様等をお迎えし始めまする。

地域によっては山や川より里へ通じる道の草刈りをしますが、これは故人が山や川に居るという文化に則り、その彼岸からお還りになる故人が通りやすいように行うのだそうです。

また、地域によっては言い伝えで『地獄の釜の開く時期は、池や川などの水源にはむやみに近付いてはならない』というものもあります。



七夕、棚幡

7日は七夕ですが、そもそも七夕は棚幡とも書き、故人をお迎えするための精霊棚とその棚に安置する幡(ばん)を拵える日です。

7日の夕方より勤めたために棚幡がいつしか七夕に転じたともいわれています。

7日の夕刻から精霊棚や笹、幡などをご安置します。

なお、お盆期間中、僧侶に読経してもらい報恩することを棚経(たなぎょう)参りといいますが、これは精霊棚で読むお経が転じて棚経というようになりました。


迎え火

13日、夕刻の野火を迎え火(むかえび)と呼んでいます。

以後、精霊棚の故人へ色々なお供え物をします。

地方によっては、「留守参り」をするところもあります。

留守参りとは、故人がいない墓に行って掃除などをすることをいいます。

御招霊など大がかりな迎え火も行うところもあります。


送り火

16日の野火を送り火(おくりび)と呼んでいます。

京都の五山送り火が有名ですが、 15日に送り火を行うところも多くあります。(奈良高円山大文字など)


また、川へ送る風習もあり灯籠流しが行われたり、

山や川へ送る点は、釜蓋朔日で記したとおりで故人山や川に居るとされているからでしょう。

なお、故人を送る期間は、16日から24日まで、お迎え同様に墓参などをして勤めます。


迎え火 江戸

佛教では普通お盆は1日から24日を指しています。

これは、地獄の王は閻魔王でありますが、その王と対になるのが地蔵菩薩であり、24日の地蔵菩薩の縁日までがお盆となって居るようです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

蓮坊ノンビイ

Author:蓮坊ノンビイ
管理人のノンビイです!どうぞ、よろしく!

詳しい自己紹介は、こちらから
わたしの 自己紹介

フリーエリア
最新記事
フリーエリア
フリーエリア
カテゴリ
フリーエリア

あし@つけてください♪

xva無料SEO対策ツール
xvbショッピングモール
xvc検索エンジン登録 ASSISTANT
月別アーカイブ
フリーエリア
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ


★☆★パソコン・インターネットを楽しむ生活★☆★ イヤ、ー・ム・ス・ウ・鵑ネ、ホハ・鬢キ
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア




<



フリーエリア

フリーエリア
ヘテムレンタルサーバー


ロリポップレンタルサーバー


湘南クリニック


骨盤ダイエット



★☆★パソコン・インターネットを楽しむ生活★☆★ イヤ、ー・ム・ス・ウ・鵑ネ、ホハ�鬢キ

<
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。