スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンパンマン物語の底にながれるものは!!その正義と主張を忘れない!

アンパンマンの底流を探る!


やなせたかし氏は、従軍経験があります。

ヒローとしてのアンパンマンの誕生に、そのことは欠かせない背景になて居ます。

戦時中、やなせ氏は、ブロバガンダ製作(政治的宣伝を目的とした映画の総称)にかかわっていましたので、戦いの中で「正義」と言うものが信用しがいものだということを感じていたようにおもわれます。

これまでのヒローは「正義」を口にしますが飢えや空腹に苦しむ人間に手を差し伸べることはしませんでした。



戦中、戦後のあの深刻な食糧事情もあり、当時から、やなせ氏は

「人生で一番つらいことは食べられないこと」と言う考えを持ってたようです。



50代で「アンパンマン」が大ヒットする前のやなせ氏は売れない作家で、空腹を抱えながら

「食べ物が向こうからやって来たらいいのに」
と思っていたといいます。

こういう経験の中から「困っている人に食べ物を届けるヒロー」という着想に繋がったものと思われます。



アンパンマンと「正義」というテーマについて、やなせ氏は『正義の味方』だったら、まず、食べさせること「飢えをたすける」ことと述べています。

「究極の正義とは、ひもじいもにに食べ物を与えること」言っています。



主人公をあんパンにした訳は、「外の皮はパン=西洋、内側はあんこ=純日本、見た目は西洋でも心は日本人」と解説しています。

前に、たびたび言われた「顔を食べさせることは残酷だ」という批判に「あんパンだから大丈夫です!」と冗談のように反論していたそうです。


空腹の人に顔の一部を与えることで悪者と戦う力が落ちると分かっていても、目の前の人を見捨てることは出来ない」と言う根強い思想を持って居られました。










スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

蓮坊ノンビイ

Author:蓮坊ノンビイ
管理人のノンビイです!どうぞ、よろしく!

詳しい自己紹介は、こちらから
わたしの 自己紹介

フリーエリア
最新記事
フリーエリア
フリーエリア
カテゴリ
フリーエリア

あし@つけてください♪

xva無料SEO対策ツール
xvbショッピングモール
xvc検索エンジン登録 ASSISTANT
月別アーカイブ
フリーエリア
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ


★☆★パソコン・インターネットを楽しむ生活★☆★ イヤ、ー・ム・ス・ウ・鵑ネ、ホハ・鬢キ
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア




<



フリーエリア

フリーエリア
ヘテムレンタルサーバー


ロリポップレンタルサーバー


湘南クリニック


骨盤ダイエット



★☆★パソコン・インターネットを楽しむ生活★☆★ イヤ、ー・ム・ス・ウ・鵑ネ、ホハ�鬢キ

<
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。