スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011物語に求めるもの・「希望の光と核心」を見る読み方

2011物語に求めるもの・「希望の光と核心」


「心が温まる話を求めるのは、体力が落ちているからでしょう。体力がなければ読めない小説もある」

と指摘するのは高村薫さんです。



また重松清さんは、日本にとって大きな試練だった太平洋戦争後の文学状況を「石坂洋二郎の『青い山脈』や『陽のあたる坂道』など、希望がもれる明るい小説が人気でした。

一方(野間宏、椎名麟三)戦後派といわれる作家が戦争の悪を見つめた小説も登場していました」



地震、津波、原発へのテロを描いた小説に『神の火』があります。

そこにつづられた原発の構造、絶対安全神話への懐疑なとは現在と二重写しになっています。


「関西に住んでいる者にとって、美浜原発なでは海水浴場から見える非常に身近な存在です。


実際に事故が起き、安全神話との間で引き裂かれたありようが現実のものとだってしまいました。

『神の火』には、原発をめぐる問題の核心の一つがあらわになっています。

だからこそ、私たちはあらためて手にせずにはいられないのではないでしょうか。




しかし、「チエルノブイリの原発事故が起きたとき、関西は大意陸に近いという認識があるから人ごとではない恐怖がありました。

一方、日本の原発は多重防御があるから大丈夫だといわれていました。

この両者の間で引き裂かれていた。」

とも振り返ることができます。



 さらに日本海側にとって、北朝鮮の脅威は生活の中にあります。

「ミサイルが飛んできたらと思うと怖くって、安全神話への疑問を持っていました。

 今の状況とは、違うところで書いたものです。悲しいかな問題意識が違っていました。」
 
と大阪在住の高村さんは言います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

蓮坊ノンビイ

Author:蓮坊ノンビイ
管理人のノンビイです!どうぞ、よろしく!

詳しい自己紹介は、こちらから
わたしの 自己紹介

フリーエリア
最新記事
フリーエリア
フリーエリア
カテゴリ
フリーエリア

あし@つけてください♪

xva無料SEO対策ツール
xvbショッピングモール
xvc検索エンジン登録 ASSISTANT
月別アーカイブ
フリーエリア
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ


★☆★パソコン・インターネットを楽しむ生活★☆★ イヤ、ー・ム・ス・ウ・鵑ネ、ホハ・鬢キ
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア




<



フリーエリア

フリーエリア
ヘテムレンタルサーバー


ロリポップレンタルサーバー


湘南クリニック


骨盤ダイエット



★☆★パソコン・インターネットを楽しむ生活★☆★ イヤ、ー・ム・ス・ウ・鵑ネ、ホハ�鬢キ

<
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。