スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お盆の由来について

お盆の由来について調べてみました!





今日で、お盆休みも終わりという会社が多いようですね。
そして、高速道路も、新幹線も、飛行機も日本列島みな混雑が
はじまります。



夏休みとお盆が一緒になっている日本列島です。
それで、お盆の由来について調べてみました。




盆は、日本全国に広まっているため、その行事の内容や風習は
地方それぞれにさまざまな様式があります。




必ずしも定まったものでないが、全国に比較的広まっている風習として
次の様なものがあります。



お盆のお供え(ナス、きゅうり、米を混ぜたもの)

10日を釜蓋朔日(かまぶたついたち)といい
地獄の釜の蓋が開く日といわれています。





一般的に10日からがお盆です。この日を境に墓参などして
ご先祖様等をお迎えし始めます。地





域によっては山や川より里へ通じる道の草刈りをしますが
これは故人が山や川に居るという文化に則り
その彼岸からお還りになる故人が通りやすいように行うと言われています。




七夕

7日は七夕ですが、そもそも七夕は棚幡とも書き
故人をお迎えするための精霊棚とその棚に安置する幡を拵える日であり





それは、7日の夕方より勤めたために棚幡がいつしか七夕に転じた
ともいわれています。7日の夕刻から精霊棚や笹、幡などをご安置すます。




なお、お盆期間中、僧侶に読経してもらい報恩することを棚経(たなぎょう)
参りといいませが、これは精霊棚で読むお経が転じて棚経というようになったと
言われています。





迎え火

13日夕刻の野火を迎え火(むかえび)と呼びます。
迎え火をたいたあと、精霊棚の故人へ色々なお供え物をします。




地域によっては、「留守参り」をするところもあります。
留守参りとは、故人がいない墓に行って掃除などをすることをいいます。
御招霊など大がかりな迎え火も行われて居るところもあります。






送り火

16日の野火を送り火(おくりび)と呼んでいます。
京都の五山送り火が有名ですね。

15日に送り火を行うところも多い(奈良高円山大文字など)
です。また、川へ送る風習もあり、これは、灯籠流しに代表されている行事です。





山や川へ送るのは、釜蓋朔日で記したとおり、故人が居るとされるのが
山や川でありますのでそのように言われています。





故人を送る期間ですが、16日から24日までで、お迎え同様に
墓参などをして勤めます。





佛教では普通お盆は1日から24日を指しています。
これは、地獄の王は閻魔王でありますが、
その王と対になるのが地蔵菩薩であり
24日の地蔵菩薩の縁日までがお盆となると伝えられています。





盆踊り

15日の盆の翌日、16日の晩に寺社の境内に老若男女が集まって
踊るのを盆踊りといいます。

これは地獄での受苦を免れた亡者たちが
喜んで踊る状態を模したといわれています。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

theme : 日々のつれづれ
genre : 日記

コメントの投稿

Secret

プロフィール

蓮坊ノンビイ

Author:蓮坊ノンビイ
管理人のノンビイです!どうぞ、よろしく!

詳しい自己紹介は、こちらから
わたしの 自己紹介

フリーエリア
最新記事
フリーエリア
フリーエリア
カテゴリ
フリーエリア

あし@つけてください♪

xva無料SEO対策ツール
xvbショッピングモール
xvc検索エンジン登録 ASSISTANT
月別アーカイブ
フリーエリア
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ


★☆★パソコン・インターネットを楽しむ生活★☆★ イヤ、ー・ム・ス・ウ・鵑ネ、ホハ・鬢キ
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア




<



フリーエリア

フリーエリア
ヘテムレンタルサーバー


ロリポップレンタルサーバー


湘南クリニック


骨盤ダイエット



★☆★パソコン・インターネットを楽しむ生活★☆★ イヤ、ー・ム・ス・ウ・鵑ネ、ホハ�鬢キ

<
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。