スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ごめんなさい!」を形だけで終わらせないために

「ごめんなさい」を押し付けない!



公園で遊んでいるときにお友だちを突き飛ばした…。

このような光景を見たら、まず、突き飛ばしているわが子を叱り「ごめんなさいは?」と、相手に謝ることを促す対応をする場合が多いようですね。



一般的な大人の理論からすると「先に手を出した(暴力を振るった)方が悪い」となります。

しかし、子どもの場合は、暴力ということではなく、言葉がうまく出なくて相手にその状況をやめてもらうための行動です。



突き飛ばしたり、叩いたりという行動に出てしまうことがあります。

無理矢理謝らせても、自分がしたことの意味がわからないこともあるのです。

そんなときは、「悪くないのに」と思ってしまいます。




「ごめんなさい!」は、形だけになってしまうことがあります。

どうしても、親に無理強いされた印象だけが強く残ってわりきれません。

まずは「どうしたの?」と状況を聞き、自分の気持ちと相手の気持ちを整理した上で解決の方法を相談してはいかがでしょう。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

その通りですね。
叱るという行為の前にまずどうしたのか、どうすればよかったのか…とうことを自分で考えさせて…そういう流れがきっととても大切なんでしょうね。
プロフィール

蓮坊ノンビイ

Author:蓮坊ノンビイ
管理人のノンビイです!どうぞ、よろしく!

詳しい自己紹介は、こちらから
わたしの 自己紹介

フリーエリア
最新記事
フリーエリア
フリーエリア
カテゴリ
フリーエリア

あし@つけてください♪

xva無料SEO対策ツール
xvbショッピングモール
xvc検索エンジン登録 ASSISTANT
月別アーカイブ
フリーエリア
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ


★☆★パソコン・インターネットを楽しむ生活★☆★ イヤ、ー・ム・ス・ウ・鵑ネ、ホハ・鬢キ
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア




<



フリーエリア

フリーエリア
ヘテムレンタルサーバー


ロリポップレンタルサーバー


湘南クリニック


骨盤ダイエット



★☆★パソコン・インターネットを楽しむ生活★☆★ イヤ、ー・ム・ス・ウ・鵑ネ、ホハ�鬢キ

<
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。