スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪いことをしたとき「叱ること」で 良し悪しを教える


地下鉄に乗っていたときのことです。


3歳ぐらい?の男の子を連れた若いおかあさんが乗ってきました。

その子供の傍若無人ぶりといったらもう、まさに子猿状態でした。




つり革に手が届かないと騒ぎ、ヒスを起こして泣きわめいていました。

親は「はいはい」と抱っこしてつり革を握らせていました。

こどもは、ご満悦状態でつり革にぶら下がってブランコのように吊り下がっていまっす。




片方の靴がすっぽ抜けて飛んで来て友だちの近くに落っこちました。

「いい加減うんざりしていたわたし」反対方向にけっ飛ばしてやろうかと思いました。



友だちは、ガキのところへ行き「落としましたよ」と靴を差し出しました。

しかし、母親は礼も言わず無言で受け取っただけ。




友だちは

「電車の中ではこういうことはさせないほうがいいと思いますよ。危ないし。迷惑ですから!」

とごく普通の口調で続けたのでした。




だが、親は相変わらず友だちを見ようともせずに

「ほぉ~ら○○ちゃん!お姉さんに怒られるからもうやめようねぇ~♪」

と、言うのでした。




それに対して友だちは、相変わらずの静かな口調のままで

「怒ったらいけませんか?悪いことをしたら怒ったり叱るのは当然でしょう?悪いことやマナー違反をしたときに

怒らなかったら、どうやって悪いことをしたと教えられるんですか?それに、私はまだ怒ってませんよ?

注意することと叱ることと怒ることの区別もつかないんですか?」




と、こんな内容のことを言たのです。

母親は顔を真っ赤にしてガキを抱き上げて、次の駅であわてて降りていきました。

みなさんは、どうおもわれましたか??


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

蓮坊ノンビイ

Author:蓮坊ノンビイ
管理人のノンビイです!どうぞ、よろしく!

詳しい自己紹介は、こちらから
わたしの 自己紹介

フリーエリア
最新記事
フリーエリア
フリーエリア
カテゴリ
フリーエリア

あし@つけてください♪

xva無料SEO対策ツール
xvbショッピングモール
xvc検索エンジン登録 ASSISTANT
月別アーカイブ
フリーエリア
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ


★☆★パソコン・インターネットを楽しむ生活★☆★ イヤ、ー・ム・ス・ウ・鵑ネ、ホハ・鬢キ
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア




<



フリーエリア

フリーエリア
ヘテムレンタルサーバー


ロリポップレンタルサーバー


湘南クリニック


骨盤ダイエット



★☆★パソコン・インターネットを楽しむ生活★☆★ イヤ、ー・ム・ス・ウ・鵑ネ、ホハ�鬢キ

<
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。