スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保育サービスについての考え方・・・民主党マニュフェスト

保育サービスについての考え方・・・民主党マニュフェスト



1.基本的な考え方 ?子どもたちは日本の未来を担う宝物?
 


民主党は、子どもの立場に立ち
子どもたちが安心して育つことのできる社会の実現のため
「チルドレン・ファースト(子ども第一)」で政策立案に取り組んできました。




 現在、子どもの数が減っているにもかかわらず
保育など子育て支援に対するニーズはますます増え
多様化しています。




また、政府の対策にもかかわらず待機児童問題は解決していません。
子どもたちの置かれている状況は年々厳しさを増しています。





住む地域や家庭の状況などにより
保育に格差を生じさせることのないよう
個々のニーズに合わせた保育の量の確保とともに
子どもたちにとって質の良い保育の環境整備や
子育て支援を進めていく必要がある。





保育制度の改革にあたっては、保育の質の確保が大前提であります。



国や地方公共団体は質の高い保育を十分提供するため
優先的に財源を確保すべきであります。




安易な規制緩和等によって質よりも量を追い求め
結果的に子どもに不利益を与えるようなことが
あってはならなのです。



また、現在国が設けている保育室の面積や
保育士の人数などの最低基準についても
子どもたちに良質な保育を提供する視点で
改善することが必要であると考えられます。




2.待機児童対策




2008年10月現在
認可保育所に入れない待機児童は約4万人にのぼっています。




入所児童は1997年から、2007年までの間に
20%以上増加しましたがたが、保育所数の増加は2%程度で



単に保育所が足りないだけではなく
詰め込みによる保育環境の悪化も懸念され
子どもたちが受ける保育の質に差がうまれています。
 



民主党は、「日本の未来を担う子どもたちを社会全体で育てる」
という考え方のもと、小・中学校の余裕教室や統廃合などにより
使用を止めた学校施設等を利用した認可保育所分園の増設
2008年の法改正により法制化された「保育ママ」の増員
また将来に渡っては、認可保育所の増設を推し進める計画を立てます。




3.今後の課題
現在、98%程度の4、5才児が幼稚園か保育所に通っており
保護者の経済的負担も大きく、無償化を求める声が高いことから
就学前教育・保育の実質無償化を検討しています。
 




また、幼稚園は文部科学省、保育所は厚生労働省という二元行政を改め
子どもに関する施策を一元的に責任をもって担える仕組みを作り
幼稚園と保育所の一本化を目指しています。

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

theme : 伝えたいこと
genre : 日記

コメントの投稿

Secret

プロフィール

蓮坊ノンビイ

Author:蓮坊ノンビイ
管理人のノンビイです!どうぞ、よろしく!

詳しい自己紹介は、こちらから
わたしの 自己紹介

フリーエリア
最新記事
フリーエリア
フリーエリア
カテゴリ
フリーエリア

あし@つけてください♪

xva無料SEO対策ツール
xvbショッピングモール
xvc検索エンジン登録 ASSISTANT
月別アーカイブ
フリーエリア
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ


★☆★パソコン・インターネットを楽しむ生活★☆★ イヤ、ー・ム・ス・ウ・鵑ネ、ホハ・鬢キ
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア




<



フリーエリア

フリーエリア
ヘテムレンタルサーバー


ロリポップレンタルサーバー


湘南クリニック


骨盤ダイエット



★☆★パソコン・インターネットを楽しむ生活★☆★ イヤ、ー・ム・ス・ウ・鵑ネ、ホハ�鬢キ

<
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。